Interview 04
ナベルで働くことに誇りを感じる。
社員一人一人の想いに魅力を感じました。
生産管理部
(中途入社)2016年入社 産業社会学部卒業

これが私の仕事

製品組立に必要な部品の発注指示と工程の管理を主に行っています。機械の出荷日から逆算し、上司が立てた工程に沿って、社内システムを使い「何をいつまでに何個必要か」という部品発注指示、「どの製品をいつまでに何台組立てるか」という組立指示書の発行等を行っています。使用頻度の高い部品や納期のかかる部品は在庫を持っており、受注状況により納期調整や在庫数量の調整も行っています。生産にまつわることは基本的に生産管理部の守備範囲なので、仕事内容は多岐にわたります。例えば、海外への機械出荷時の必要書類作成、フォワーダーとの船積みに関する調整や、正確な原価計算のための勤怠入力仕組改善などです。ものづくりに関する幅広い知識が求められますが、日々新しいことを吸収でき、楽しいなと感じています。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

生産部門の使命であり、常に頭を悩ませるのが、「安く」「早く」「高品質」な製品を作るということです。ナベルでは一台一台、お客様の希望される仕様で機械を組みます。どんな仕様であっても出荷納期を守った上で、安く、そしてお客様の期待を裏切らない高品質な機械が求められます。時には必要部品の在庫がショートしそうになることや、機械設計の変更により急遽部品手配が必要になることもありますが、購買部や製造部をはじめ関係部署の方に協力いただきながら、調整し対処できると、何とも言えない連携感と達成感を味わうことができます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

社員の人柄の良さに惹かれナベルを選びました。面接で初めて会社を訪問した際の社員の元気な挨拶に始まり、面接官の方と話をしていると皆さん明るく前向きで、かつナベルで働いていることに誇りを持っているように感じました。そこで自分もこの人たちと一緒に働きたい、と思いナベルへの入社を決意しました。内定を頂いた後も、初めての転職で新しい環境に馴染めるか心配だったのですが、入社初日から部署や年齢関係なく皆さんフレンドリーに接して下さり、すぐに溶け込むことができました。とても風通しの良い職場だと思います。仕事では他部門とのやりとりも多いですが、普段から社員間の交流が多い分、円滑にコミュニケーションが取れるのでとても助かっています。