Interview 06
現場の最前線でお客様と向き合う。
お役にたてるように。
喜んでもらえるように。

国内営業部
(中途入社)2016年入社 農学部卒業

これが私の仕事

営業として担当エリア(中国・四国地方)のお客様に機械の提案を行います。レイアウト図・見積書等を準備し、スケジュールを組んでお客様を訪問します。ナベルの営業は、提案、販売をして終わりではなく、納品のスケジュールの段取りから、機械の据付、稼働まで携わります。常にどの機械を利用してもらえれば利益が出るのか、現場の人数を減らすことが出来るのか、現場で働く方に喜んでもらえるかを考え、一番最適な機械を選択し提案しています。お客様との会話や、既に稼働している機械の状態から、いかに改善点を導き出せるかが難しい点でもありますが、営業マンとしての腕の見せ所です。
時には、お客様の新しい工場を建設するプロジェクトの初期段階から商談し、建屋の図面を含めた機械の提案をさせていただくこともあります。
自分の担当エリアで少しでも多くのお客様にナベルのファンになってもらえる為に日々邁進しています。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

ナベルの営業として初めて担当した1時間12万個の卵を処理するシステムの納品が、特に印象に残っています。この商談は他社機からの入れ替えだったこともあり、お客様のナベルへの期待はとても大きいものでした。
ニワトリは年中無休で卵を産み続けるため、限られた時間で機械を設置しなければいけません。お客様の期待を裏切らないよう、念入りに打ち合わせをし、段取り良く納品が進むよう準備を行いました。納品が予定通りに進み、卵が流れ始めたときの感動は忘れることができません。ナベルの主力商品である卵の選別包装システムは、およそ15~20年程で入れ替え時期となります。その貴重なタイミングに初めて携わることができ、営業担当として感慨深いものがありました。
ここから始まったお客様との関係を大切にし、より喜んでもらえる、お役に立てるような提案をしていきたいと思っています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

学生の頃から、直接お客様の喜ぶ顔が見たいと思い、営業職を志望し、ナベルとは別のメーカーに就職しました。
実際に営業をしてみると、お客様の喜ぶ顔を見る為には、いかに自社の製品に自信を持っていなければならないかを実感しました。その重要さに気付き、新しい転職先を探していたところ、ナベルに出会いました。
ナベルの経営理念に『ナベルはそこで働く社員が、自社に対して自信と誇りを持てる会社であることを目指します』とあります。この理念がナベルの高い技術力や、会社を初めて訪問した時にかけてくれた社員の元気な挨拶に現れており、私も世界一を目指すナベルの一員になりたいと思いました。また、社員1人1人が楽しく仕事をしているところが好きです。仕事が楽しいと、きっと人生も楽しくなると思います。

仕事実績

担当したシステムの納品
①CANOPUS12000
②CANOPUS6600
③MEX3000N
④G-NAEGS4000   他
参加したイベント、展示会
①たまニコ京都大会2018
②IPPS2018   他