Products
製品情報

異常卵検査装置

検査装置
光で何でもお見通し
割らずにわかる中身の事情
従来、人間の目による異常卵検出は、膨大な時間と労力を要するうえ信頼性も低く、鶏卵流通における大きな課題とされてきました。この問題を一挙に解決するのが、ABD900シリーズ。高度な技術で、常に鶏卵流通をリードしてきたナベルが検卵作業の完全自動化に向けて完成した、最高性能の商品です。

動画紹介

特徴

白色卵も褐色卵も同時に検出

人の目では検出困難な褐色卵の異常卵までも瞬時に検出。 白色卵と褐色卵を混合して流しても自動的に検出レベルを調整します。

自己診断機能を搭載

異常卵の検出率過大の場合、自動診断機能によりアラームでお知らせします。

集計機能を搭載

検査した卵のデータをリアルタイムに集計。血卵、みだれ卵、無黄卵の3パターン別の個数や異常卵排出率などのデータを常にパネルに表示します。

常に一定の品質を

機械は、常に同じ基準で判定します。
目視検査で生じやすい個人差が排除され、高精度かつ一定の品質基準を保つことが可能になりました。

血卵、腐敗卵、みだれ卵――異常卵を幅広く検出

分光分析技術の採用により、血卵だけではなく異常卵も検出可能。透過光の波長を用いて判定するため人間の目よりも確実に検出できます。
検出例

仕様

型式 ABD913 ABD912 ABD911
処理能力 120,000卵/時(最大) 80,000卵/時(最大) 40,000卵/時(最大)
電源容量 単相200V 2.8A(最大) 単相200V 2.7A(最大)
使用環境 温度:10℃ – 35℃
湿度:20% – 70% ※ただし、結露しないこと
判定 8段階可変
※製品改良のため、お断りなく仕様を変更する場合があります。ご了承ください。